歯医者さんの視点からの比較

img-1

歯医者さんから見た比較には、患者さんの口の大きさ、歯並び、鼻毛の多さ、肌のシミの多さなどがあるかと思います。



歯医者さんは口の中をほとんど見ていますが、時折鼻の中や顏の皮膚の状態などを見ています。



まるで虫歯というより患者さんの観察です。



1人ひとり顏のつくりが違いますので、興味深いかもしれません。



虫歯の治療をしているとき、人は誰でも痛みを感じると眉毛がぴくっと動きます。歯医者さんは患者さんの治療痛を知らないので、眉毛の動きから痛みを読み取っています。


個人差がありますので、眉毛の動きが俊敏であるかないか、個人個人によって比較することもできるのです。



経験を積んだ歯医者さんは顔の全体的な動きから患者さんが今、どのような痛みを感じ取っているのかがわかると言われています。


心理を読み取っていると言っても過言ではないのです。



歯周病の権威であるスウェーデンの某歯科医は、こんなことを論文に報告しています。「患者さんには1人ひとり性格が違うように、痛みの度合いの感じ方も違う。
だから歯の治療をしているときは歯や口の中を診るばかりはなく、顔全体を凝らすように」といことです。


合間合間に顔の表情を見るように、ということです。



経験の浅い歯科医はそんなものはできないと豪語されるということですが、実際経験を積むと、悟るのだそうです。眉毛のかたちや生え方なども1人ひとりちがっているわけですからそれぞれを比較することで「その人」個人のことがわかるのかもしれません。



関連リンク

img-2
歯医者さんの視点からの比較

歯医者さんから見た比較には、患者さんの口の大きさ、歯並び、鼻毛の多さ、肌のシミの多さなどがあるかと思います。歯医者さんは口の中をほとんど見ていますが、時折鼻の中や顏の皮膚の状態などを見ています。...

more
img-2
歯医者を比較することの大切さ

歯医者を比較することは、とても大切です。比較をしてきちんと決めることで、歯医者選びを失敗することがほとんどありません。...

more
top